社長ブログ

19.05.20

名 勝 「犬山城」

 

犬山.jpg

 

愛知県の一番北側にあたる犬山市にある木造最古の天守閣です。

 

眼下には木曽川が流れ濃尾平野が一望できる小ぶりのお城です。

 

犬山の方には怒られますが、お城を見る絶景ポイントは岐阜県側となってしまいます。

 (犬山市民の方!ごめんなさい。)

 

昨日は良い天気に恵まれて、絶好の慣行日和ではありましたが、遊びに行ったわけではありません。

 

犬山在住のアパートオーナーさんから個別相談時に民泊として考えたいとの要望を受け

 

まずはアパートと近隣地域を現地調査すべく現地に足を運びました。

 

名鉄の犬山駅で下車して犬山城までの道中、気になるお店がたくさんありますね。

 

カフェ、五平餅、ランチカー、お土産屋さんと様々なお店が出店していました。

 

downwardright アユの塩焼きの写真です。炭火でいい匂いが充満していました。

犬山 あゆ.jpg

 

ただ気になったのは、外国人観光客の姿がまばら。時間帯のせいかな?訪問時は12時前後。

 

Airbnbで検索してみると、犬山地区に民泊の件数は数件程度です。

 

この数は何が物語っているのか?これを検証するのがこれからの仕事です。

・名古屋からのアクセスは良い!

・観光場所も比較的に整っている。犬山城、モンキーパーク、明治村、リトルワールド

・自治体も観光への意気込みがある

などなどポテンシャルはたくさんあります。

 

名鉄犬山ホテルも今年秋に閉鎖をして、建替えがすでに決定されているようです。

 

内容を見ると海外の旅行客にターゲットを絞ったホテルになるようですね。

 

報告はセミナーなどで紹介できたらと思っています。

 

【告 知】

 

 

・セミナー

 

 アパート経営クリニック 6月開催日

  6月23日(日曜日)

  10時~

  各務原市産業文化センター 小会議室

 

 

・個別相談の日程はこちら
 
  6/1(土)   10時、12時、14時、16時、18時、20時  
  6/2(日)   10時、12時、14時、16時、18時、20時
  6/8(土)        10時、12時、14時、16時、18時、20時
       6/9(日)   10時、12時、14時、16時、18時、20時
  6/23(日)      14時、16時、18時、20時 
 
  注意:消されているところは、すでに予約が入っています。

19.05.19

「他のアパートでも見るけど!」

はい、その認識消しましょう!

私たちが現場調査に行くと、結構多いのが  downwardleft のようなポスト。

 

ポスト.jpg

 

長年の劣化により

雨にも負けず、風邪にも負けず、あまりよろしくない借主のパンチにも負けず

耐えに耐えてきたステンレス製のポストです。

ボコボコになったポスト。

表札シールを張替がひどい。中には訳のわからないシールがはってあるところ。

いい部屋を求めている借主さんは、最終的にはこのような細かいところまでみているんですよね。

というか?こんな小さなところだけで判断されてしまいます。

 

自分だったらどうだろう?

自分の子供たちが部屋を選ぶときに、例えば同行した際にしっかりと確認しますよね。

ある意味、現在住んでいる住居人のレベルなんかも見てしまうんですよね。

 

そこで必ずしてほしいのが、

 ① 古い、痛みの激しいポストは迷わず交換してください。

 ② 表札シートは「文字の大きさ」、「フォント」を統一してください。※もちろん希望されない方もいますので要確認。

 ③ 空室ポストへの対応

   1、2部屋ぐらいの空室であれば「現在空室 投函しないでください。」シールでも良いが・・・!

   3部屋以上になると、訪問客は必ず引きます!

   すでに住んでいる方も、引いてしまう場合がありますので!

   投函ポストシールは危険なことを認識してくださいね。※管理会社には必ずこちらから一言を!

今の時代、ネットで探して→現場に行ってみる→外からと廊下、駐車場などの共用部の確認→最後に部屋の中の確認→成約

というパターンが多くあるように感じます。

もっともっと学習しましょう!

 

19.05.18

「全国賃貸住宅新聞」より
 
『空き家の50.9%が賃貸』
 
60455098_177897946485124_777486468959436800_n.jpg
 
この情報、アパートオーナーのどれだけの人が知っているだろうか?
 
戸建(民家)も含めた全国の空き家は過去最高の846万戸で総住宅数に占める空き家の割合(空き家率)は13.6%
 
「賃貸用の住宅」が431万戸で50.9%と半数を占めている。
 
 間違いなくこのパーセンテージは増加する一方だろう。家あまりの時代、なおも新築アパートは増加する一方である。(賃貸着工数は減。)だが増えているのは事実。
 
 解決する方法は?
 
・国が住宅・アパート着工数を調整する。
 
・住宅・アパートを建設するには建て替えか?もしくはどこかをスクラップするか?
 
などなどですが、まずは無理であろう。
 
と考えると
 
 アパートオーナー自らが学習をする。
 知識武装するしかないだろう。特に地主型オーナーは特に考えていかないと大変なことになると思う。
 
アパート経営クリニックセミナー開催
 
6月23日(日) 10;00より
各務原産業文化センター 小会議室にて
参加費:1000円です。
 
 
 

19.05.17

昨日は、東海ビジネスネットワーク 堀内史郎さん主催の「民泊セミナー2日目」に参加してきました。

今回は新幹線で向かうことを決め、新羽島駅より浜松駅までの行きは1時間移動時間です。

早めに到着したため、どこかで時間をつぶそうと思い店を物色していたところ、名物「浜松餃子」の

店を発見。これから講習会に参加するのに「にんにく」のにおいはご法度と思いながらも足は自然に

暖簾をくぐっていました。営業マンとしては失格です。(笑) ブレスケアで完全カバーしたつもりです。

というわけで参加した民泊セミナーは本当に可能性があることを感じました。というか堀内さんも

お話しをしていましたが、これからの賃貸管理・アパート経営の将来の姿を見るには経験していくべき

内容だと感じています。

Image-1.png

当日は課題に対してディスカッションする内容で、事前に私たちが良い場所かな?と思われる場所を

提示させて頂きました。講師である㈱EXONの中島正晴様よりシュミレーションして頂きました。

結果は「あまり良い成果がでない」

この結果についてはあくまでも賃貸アパートを民泊経営したい賃貸人が営業していくシュミレーション

によるものです。

例えば2年ぐらい空室になっている部屋や、立地条件など優れているのにも関わらず競合相手に競り

負けているようなアパートオーナーはチャレンジしてみても良いのではと思います。

ただし、初期投資として約150万円ぐらいは必要だと感じました。

・民泊申請

・家財道具

・リフォーム費用

・鍵の交換

・その他もろもろ

【ポイント】

・できれば4人以上が泊まれる部屋が良い!

・ターゲットは外国人だが、実を言うと日本人の利用者も増加中!

・強みを作る。

・そして日本人の心「お・も・て・な・し」を! ※気配りでしょうか?

19.05.15

客付け業者に問合せ。

「うちのアパートの空室、なんとか埋まりませんかね?」

と聞くと?

「リフォームしないと埋めるのはむずかしいと思います。」

はい、きました。お決まりの言葉。

客付け業者が悪いのではないですよ!

もちろんリフォームすると決まるわけでもないわけです。

詳しくいうと費用対効果でプラスに働く可能性も十分にあります。

 (このあたりは、また別の機会に詳しく説明しますね。)

必要なのは、大家さん自身のパラダイムシフトが大切になります。

 (パラダイムシフトとは、ある時代・集団を支配する考え方が、非連続的・劇的に変化すること。社会の規範や価値観が変わること。)

これからの時代、私はアパート経営は再度、自己管理の時代がやってくると考えます。

差別化を図るには、アパート経営者がもっと学習していくことが必要だと思います。

【当社が考える空室対策の5つの約束】

 約束① 所有アパートのショーアップ!

 約束② 良い管理会社を選ぶ。

 約束③ 管理会社とのwin-winの関係を作る。

 約束④ 内見者への「お・も・て・な・し」

 約束⑤ 長期賃貸契約への入居者への「お・も・て・な・し」

以上のことを順番にこのブログで紹介できたらと思っています。

【告 知】

  6月23日(日) 午前10時から

  場所:各務原産業文化センター 小会議室にて

  アパート経営クリニックを開催いたします。 

 

プロフィール

代表の笹本です。
この出会いをきっかけにみなさまの素敵な暮らし創りのお手伝いをさせていただければ幸せです。

バックナンバー

ページトップに戻る